サーヴァントの性能に於いて、極めて重要なポジションを占める性能が宝具であることは、Fateシリーズに共通するものでもちろんFGOにおいても例外ではない。宝具を撃つために必要なNPチャージが早ければ、その分発動タイミングも自由になる。NP溢れによる戦術上の機会損失は敵の攻略パターンを把握してから考えれば良い、まずはとにかく早くNPを貯めよう。

1.アーツで攻撃する
一番基本的な方法である。重要な点として、カードを1枚選ぶ際に1枚目よりも2枚目、2枚目よりも3枚目の方が攻撃力もNP獲得量も高くなるように設定されている。NPを大きくためたいキャラは3枚目にアーツを選ぶと良い。

2.1枚目にアーツを選択する。
このゲームには「初手ボーナス」というものが設定されている。コマンドカードを3枚選ぶ際に、1枚目に選んだカードによって、3枚全てに付加効果を与えるのだ。バスターの場合すべての攻撃力上昇、クイックの場合スター発生率上昇、そしてアーツの場合NP獲得量が上昇する。

3.アーツチェインを発生させる。
アーツカードを3枚選ぶことで発動するアーツチェインは、参加したサーヴァント全員に20のNPを即時付与する。このボーナスは完全に固定で、たとえ一人で3枚のアーツを選んだからといって3倍の60もらえたりするわけではない。単純に考えれば参加人数が多いほうがお得であるとも言える。また、獲得タイミングは攻撃前である。例えば、NPが180%溜まっているサーヴァントがアーツチェインにアーツ属性の宝具を絡めれば、攻撃前に20%付与されて200%のオーバーチャージとして宝具をうてるのだ。

4.クイックやバスターで攻撃する。
アーツほどではないが、クイックやバスターにもNP獲得量が設定されている。実は、これが極めて重要なのだ。
これらに先の初手アーツボーナスを組み合わせることで、クイックでも大きくNPを獲得することが出来、基本的にNP獲得量がほぼゼロのバスターでさえ、1%や2%くらい貯めることができる。この1%が99%と100%を分けることもあろう。
クイック3枚のアサシンクラスなど、誰かの初手アーツ→アサシンの3枚目クイックでNPを稼いでいくことは十分主力になる。

5.NPチャージ補助礼装を装備する。
NPチャージを直接補助してくれる礼装は複数ある。
まず、戦闘開始時に一定量NPを付与してくれるタイプ。カレイドスコープ(80)、虚数魔術(60)、龍脈(30) 、豊穣(10)が該当する。虚数魔術以上になると立ち上がりが極めて早く、序盤から宝具を使用していけるだろう。また、バーサーカーのような打たれ弱くアーツが少ないサーヴァントにとっても使いやすい。
次に、NP獲得量が増えるタイプ。天の晩餐(25%)、魔術鉱石(15%)、集中(5%)が該当する。こちらは先のタイプと異なり、1度撃った後も効果は持続するため、宝具を複数回撃ちたい時に特に有効だ。もともとNP獲得が容易なキャスターの長所を伸ばすと特に輝く。
プリズマコスモス、時計塔は毎ターンNPを自動獲得する。この礼装の最大の長所は、攻撃やスキル使用をしなくても戦場に立っているだけでNPが勝手に貯まることである。NPをためたいが攻撃力は心もとない、サポート型のサーヴァントでは有用性が高いだろう。

6.カード強化礼装を装備する。
フォーマルクラフト等の礼装は「アーツカードの性能をアップ」する。これはどういうことかというと、アーツカードに設定されている攻撃力、NP獲得量、スター発生率のすべてが強化されるのだ。カード強化は攻撃力強化だけではない付加効果を積極的に活用しよう。

7.スキルを活用する。
NP獲得系のスキルも、即時獲得(メディアの高速神言など)、獲得量増加(ダレイオス3世の黄金率など)に別れる。また、NP獲得が他の効果に付随するスキルもある(諸葛孔明の軍師の忠言など)。スキルによるNP獲得は当然ながら使用タイミングが重要になる。今は詳しくは語らないが、即時獲得型は戦闘開始時に、獲得量増加は手札にアーツが見えた時に使うのが最もシンプルと言える。


以上、7つの類型に分けてNPの獲得方法を解説した。自分のサーヴァントに適する手段を組み合わせて活用しよう。