先の記事では、宝具の発動に必要なNPのため方について言及した。
では、めでたく準備が整った宝具はいかにして使うべきだろうか。
全体宝具で敵を一掃する、単体宝具でボスのHPを一気に吹き飛ばす、補助宝具でステータスを強化する、もちろんそれが基本的な使い方である。
今回は、タイトル通り「宝具が6枚目の手札である」ということについて触れたい。

 2016y01m09d_031355169


宝具は発動準備が整うと、コマンドカード選択時に宝具カードが追加される。
NPが溜まったのが一人なら6枚、3人なら8枚から3枚選んで戦闘するわけだ。
重要なのは、「宝具にも通常のコマンド同様属性がある」「発動しなければ常に残り続ける」という点である。


まずは宝具の属性について。宝具カードにも、通常のコマンドカード同様、クイック、アーツ、バスターの3属性が設定されている。
もちろん、属性によりもたらされる作用も通常通り付与される。
たとえば、バスター宝具1枚とバスターカード2枚を選べばバスターチェインは発動するし、アーツ宝具を1枚目に選べば初手ボーナスとしてすべてのコマンドで獲得NPが増加する。

もちろん、同じ色の宝具を3枚選ぶことでもチェインは発動する。
しかし、アーツチェインはNPが付与されるのが攻撃前なので折角得たボーナスNPはすぐに宝具で消費され、またバスターチェインの攻撃力増加は「宝具はチェインや初手のボーナスがない」という特性(この特性については、別の機会に記事を書きたい)によって無効化される。
宝具3枚でチェインするなら、クイック宝具チェインが最も使いやすいだろう。


つぎに、宝具カードは常に手札に残るという点。
宝具はNPが溜まったらすぐ使う必要はなく、一度NPが貯まれば発動させるまでは毎ターン手札選択時に宝具を選ぶかどうかを決められる。(敵のNP減少スキルで、100%未満にされることは気をつけよう)

この特性を先の宝具属性の要素と組み合わせることによって、「NPが貯まれば特定の色のカードを、いつでも好きなタイミングで使用できる」という戦術が取れるようになるのだ。
カウンティングができるとはいえ、手札はランダムで提供される。その中にいつでも残り続ける手札があれば、行動の選択肢は大きく広がる。

例えば、クイック宝具を1枚用意しておけば、クイックチェインに必要なクイックカードは1枚少ない2枚だけ山札から引ければ十分になる。
バスター宝具の用意があれば、1枚目に選ぶことでいつでも全体の攻撃力を強化できる。スキル「カリスマ」のような使い方だ。
アーツカードを多く持つキャスターから、さらにアーツ宝具を持つサーヴァントを中心に編成してみよう。宝具を含めたアーツチェインを多用することで、毎ターン宝具を発動するロマンあるプレイも夢ではない。


トランプゲームの「大富豪(大貧民)」で、手札にジョーカーがある光景を思い浮かべてみよう。
それ一枚でどんな数字にも勝てる最強のカードとして使うこともできるし、他の数字のカードと一緒にだして2枚出しや「革命」といった強力アクションのサポートもできる。
宝具カードとは、その強力な効果、他の手札との組み合わせなど、まさしくサーヴァントが保有する「ジョーカー」なのである。