このブログでは概ね、読んだら今日からできるFGO小ネタのようなものを書いていくつもりである。
ピンポイントにサーヴァントを起用した攻略法は、高レアサーヴァントの場合は課金を無視できないし、何よりこのゲームは☆1のコモンから☆5のSSレアまで、ほぼすべてのキャラクターが十分なポテンシャルを秘めているのだから、「ガチャで☆5引いて殴れ」というのはあまり面白い話ではない。
一方で、サーヴァント評価は書いていて楽しい。他人の評価を見ていると自分も書きたくなる。
そこで、今回は誰でも入手できるサーヴァントである、マシュとストーリークリア特典のキャラクターに絞って書いてみたい。
本ゲームはイベント報酬のサーヴァントも入手が容易なので、そちらについても気が向いたら書くかもしれない。




マシュ・キリエライト(シールダー)
ゲームスタート時から所有する相棒キャラ。
彼女は防御型のステータスで、かつすべてのクラスから独立した相性を持つため、攻撃要員としてはどうしても他のサーヴァントに一歩譲る。この点においては、攻撃役を仲間に任せることで補助しよう。

一方で、防御面においては中々に優秀である。独立クラスは彼女が誰からも大ダメージを受けないことでもあり、また全体強化の「今は脆き雪花の壁」、単体無敵+NP付与の「時に煙る白亜の壁」、さらに4章までゲームを進めると覚えるターゲット集中+獲得NP上昇の「奮い断つ決意の盾」の3つのそれぞれ使いみちの異なる防御系スキルは汎用性が高く、様々な局面でパーティをサポートする。
どれも使いやすいスキルだが、彼女一人でパーティが完全鉄壁になるわけではないことに注意。「雪華の壁」と他の防御アップを併用したり(このメリットはこちらで説明した)、「白亜の壁」+「決意の盾」で無敵のタゲ集中を取るなど組み合わせが肝要である。

宝具も防御アップ+ダメージカットと、防御効果に特化している。やはり、他の防御アップ効果と組み合わせることで真価を発揮するものである。「雪花の壁」と組み合わせるのが一番手軽だ。「決意の盾」を使うと獲得NPが跳ね上がるため、「決意の壁」からのアーツ始動3段目アーツなどを活用して、一気にNPをためてしまいたい。

カード構成はクイック1アーツ2バスター2+アーツ宝具。攻撃性能の低さもあり、バスターは彼女が行為力で攻撃するためよりも、初手バスターのボーナスを与えたり、他のサーヴァントと一緒にバスターチェインを起こしたりするために活用しよう。宝具も合わせアーツカードが中核であり、全体的なNP回転力は十分である。

彼女はデッキコストが0という唯一無二の特性を持つ。高レアのサーヴァント・礼装を多数デッキに組み込んでコストが厳しい中で頭数を揃えたり、イベント時はドロップアイテム増加礼装を持たせておくサポートもできる。

相性のいい他のサーヴァントは彼女とシナジーし高め合うサポート型、強化と回復を行えるハンス・クリスチャン・アンデルセンはその筆頭である。一方で、3人のうち2人がサポート型だと火力が不足しがちなため、相手に相性のいい強力なサーヴァントを3人目にするか、いっそのこと3人共サポート型にして、徹底的に防御力を高めた耐久型パーティにしてしまおう。



クー・フーリン(キャスター)
序章クリアで入手できる、 Fateファンにはお馴染み兄貴の別クラス。
次のステージがキャスターの苦手なライダーが多く、多少不遇なところはあるがキャスターとしては十分な性能を持っている。攻防共にバランスよく長所があるので、使いやすいキャラクターだ。

彼のスキルのうち特に優れているのは、第1再臨で手に入る「矢避けの加護」であり、これはダメージを0にする回避効果を3回分付与する。
「3回」というのがミソで、この防御効果は彼が攻撃を受けるまで何ターンでも持続する。敵の攻撃対象は基本的にランダムであり、敵が3回行動するからといって3回彼が狙われるとは限らない。第3再臨で得られる「仕切り直し」はバッドステータスを解除し少量ながらHPを回復する。これらのおかげで、彼の生存能力はかなり高い水準となる。

宝具はバスター属性の全体攻撃+防御ダウン+火傷。まだ手持ちサーヴァントが少ないであろう序盤では貴重な大火力であり、付随する防御ダウンは後続をサポートしてくれる。火傷ダメージは微々たるものだが、そのほんの少しが勝負を分けることもあるのだ。

カード構成はクイック1アーツ3バスター1+バスター宝具の標準的なキャスター型。デッキのアーツ数を高めて、宝具攻撃をサポートする。

彼と組み合わせて面白いのは、何を隠そう同じクー・フーリン(ランサー)や、クー・フーリン(プロトタイプ)である。デッキに同じサーヴァントを複数入れることは出来ないが、複数クラスで現界している彼ならば可能な構成だ。そして、彼らは皆「矢避けの加護」を持っている。お互いの生存能力の高さをいかしつつ、クイックや宝具を中心に戦うことに適する。



清姫(バーサーカー)
1章クリアで手に入るヤンデレバーサーカー。
そのクラスそのものが高攻撃力をもたらすバーサーカーだが、その中では攻撃力が低めだが、その分宝具をぶつけていくタイプである。

彼女の長所はなんといっても宝具である。バーサーカーのクラス相性、クラススキル「狂化」による底上げから放たれる全体バスターは敵の布陣に大ダメージを与えるだろう。やけどによる追加ダメージも後押しする。
低確率ながら敵の行動を封じるスタンをも付与してくれる。

一方でスキルは多少使いにくいところがあるが、その価値は大きい。
防御力を上げる「変化」は打たれ弱いバーサーカーの彼女にとっては生命線である。倍率が大きいわけではないので、戦闘開始時にすぐ使い、再使用できるようになったらまたすぐ使うくらいでもいい。
「ストーキング」は敵の攻撃力を上げるデメリットが目立つが、防御ダウン効果はその分同系統の他者のスキルより強力に設定されている。彼女の火力を底上げして一気に押し込んでしまおう。

カード構成は典型的なバーサーカーのクイック1アーツ1バスター3+バスター宝具。彼女の中核たる宝具を撃つためにはNPを貯めねばならないが、そのためのアーツは1枚。クイックによる補助や他のサーヴァントによる初手アーツボーナスやチェインを最大限活用すべし。
 
バーサーカーは火力に優れる分、防御力やサポート力に乏しくなりがちである。その分他のサーヴァントを活用して補いたい。回復と強化ができ、おまけに少ないアーツカードを補えるアンデルセンはここでも使い勝手が良い。あるいは更にバーサーカーを投入して火力を高めるという手もあるが、短期決戦が決まらなければ逆に危険でもあり、また少ないアーツカードが更に少なくなり、宝具を使うのは難しくなる。火力ゴリ押しは単純なようで案外難しいのだ。



 ブーディカ(ライダー)
2章クリアで手に入るおかん系ライダー、ストーリー中では第1再臨後の姿なのでイラスト違いのギャップが大きいとも。
彼女もまた防御に寄せた構成で参入タイミングから多少使いにくさがある。

彼女のスキルで否応なく目立ってしまうのが、ローマが舞台の2章クリア後のボーナスでもらえるのに、ローマ属性へのダメージボーナスを付与する「女神への誓い」。タイミングはずれではあるが、2章のフリークエストやイベント等で登場するローマキャラでは出番があるかもしれない。
「戦闘続行」はHPが0になった時に1度だけ退場せず残り、その後僅かにHPをゼロから回復する。付随効果はないが、宝具と合わせ耐久力を後押しする。 

宝具は味方全体の防御力を押し上げる。1ターンの間だけ更に大きく押し上げるので、ここぞという時に使うといいだろう。

カード構成はクイック2アーツ2バスター1+アーツ宝具。特筆すべきところはないが、クイックとアーツを併用したクリティカル型のNP稼ぎ編成をするときには使い勝手が良い配置である。

先も述べたように彼女の宝具は限定的ながら防御効果は高い。マシュの宝具と一緒に使えば、敵サーヴァントの宝具でさえ0ダメージに抑えきる可能性が見えてくる。



ダビデ(アーチャー)
3章クリアで手に入る、妙にクズ俗っぽい言動が特徴的なサーヴァント。
言動は胡乱であるがゲーム上の性能はすべてが極めて高いレベルでまとまっている、星3の中では最高クラスのサーヴァントである。色んな意味でこんな奴をばらまいていいのか。

スキル面でも敵のダメージを半減させ更にHPを回復する「神の加護」、味方全体に1回回避と微量のHP回復をばらまく「治癒の竪琴」、更に味方の火力を後押しする「カリスマ」とソツがない。
特に強力なのが「治癒の竪琴」で、クー・フーリンの項で説明した回数型回避を、味方全体に付与してしまうのである。HP回復は気にせず、戦闘開始時に掛けておいても大変役立つ。

宝具は「回避」を無視することができる必中効果を自己に付与した上で敵単体に攻撃する。単体宝具は全体宝具より攻撃力が高く設定されておりボスキラーとしての活躍が期待できる。おまけに低確率だが敵のスキルを封印してくれる。

カード構成はクイック1アーツ3バスター1+バスター宝具と、アーチャーでありながらキャスター型の構成となっている。味方全体のNP効率を押し上げてくれることだろう。

とにかくどこをとっても隙がなく、最早相性のいいサーヴァントという問題ではなく、あらゆる局面で味方を助け、自分も活躍する恐るべき人材である。言動だけはアレだが。



 ヘンリー・ジキル&ハイド(アサシン)
4章クリアで手に入る二重人格青年。その二重人格を再現した宝具こそ彼の特異性である。
ステータスはHP型だが、特定条件下では異様な爆発力を発揮する。

彼を運用する上でまず触れなければならないのは宝具である。
発動すると、アサシンクラスの「ジキル」からバーサーカークラスの「ハイド」に変化する、全サーヴァント唯一のクラスチェンジを成し遂げる。加えて、変身時にHP上限をあげ、HPを全回復し、バスターの攻撃力を上げる。
戦闘中はハイドからジキルに戻ることは出来ない一方通行だが、強化倍率がとても高く設定されているため、彼自身は星3でありながら、宝具レベルとオーバーチャージを高めて発動すれば最高の星5バーサーカーにさえ肉薄するHPと攻撃力を手に入れてしまうのだ。
一方で、攻撃力強化はバスターだけであることに注意。クイックやアーツの攻撃力はジキルから上がっていない。また、バーサーカーになるということは、すべての敵から大ダメージを受けるということでもある。

スキルも彼の攻撃力を後押しするものが揃っており、また敵にスタンを与える補助スキルも持つ。
特徴として、これらのスキルはすべてハイド時に使うとさらに効果が高まる。攻撃アップは更に高く、スタン付与は成功率が上がる。この特性を活用すれば、宝具以外での最大ダメージはクリティカルも活用することで、星5を含めたすべてのサーヴァントの中で最高のものになる可能性がある。是非試してみてほしい。

カード構成はクイック2アーツ1バスター2+バスター宝具と、クイックよりのアサシンとバスターよりのバーサーカーを折衷したものになっている。注意しなければならないのは、宝具を使えるのが1度きりという点。変身してそのままバスターブレイブチェインをするのもいいが、変身後にスキルを使わないと「ハイド時効果アップ」の付加効果を得られないのも悩みどころ。

シナジーのあるパーティ編成はなかなか難しい。アサシンとしての特性、バーサーカーとしての特性のどちらを取るかによっても左右される。少ないアーツを補いつつ、変身後の防御面を支えることができるマシュはなかなかに悪くない。あるいはアサシンで固めてクリティカル主体にし、変身しないのも手である。
逆に、シナジーの必要が殆ど無いクー・フーリン(ランサー)などと組み合わせて、三者三様に戦ってもらってもいい。